ホーム > お役立ち情報
お役立ち情報

お役立ち情報

中小企業等経営強化法

2016年07月19日

代表の宝徳です。面白い施策が出ましたね~。固定資産税が減税になる仕組みなど、初めてでは?少なくとも私の記憶にはありません。活用しやすいので、ぜひ、検討してください。これも何回かにわけて書きます。   人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、自社の経営力意を向上させる計画で、認定されると、税制および金融面での支援等を受けることが可能となります。   そして、この施策(平成28年7月1日施行)は、なんとなんと、生産性向上設備投資現在と併用が可能なのです。   ザクッというと、 ☆生産性を高めるための機械装置を取得した場合、3年間、固定資産税を1/2に軽減 ☆計画に基づく事業に必要な資金繰りを支援(融資・信用保証等) ...

授権資本制度

2016年07月19日

代表の宝徳です。何回かに分けて、授権資本制度を確認していきましょう。 会社の登記簿謄本を確認するとわかるのですが、「発行可能株式総数」と「発行済株式数」が書いてあります。これは、会社の憲法でもある定款に定められているものです。たとえば、発行可能株式総数が10万株で、発行済株式数が6万株だとします。発行可能株式総数の変更は株主総会の特別決議が必要となります。   特別決議とは、総株主の議決権の過半数(又は定款に定める議決権の数)を有する株主が出席して、その議決権の2/3以上の多数の賛成が必要となる決議です。会社の根幹にかかわるような、「定款の変更」「合併」「営業譲渡」などを決定する際に特別決議が必要になります。ただし、有限会社の特別決議は、総社員の半数以上で総社員の議決権の3/4以上の...

ストレスチェック

2016年06月13日

代表の宝徳です。   今日は、常時雇用50人以上の会社の方々にいや~なお知らせです。もともと労働法規とは天下の悪法ですが、それにまた嫌なものが加わりました。   ストレスチェックです。こんなものいるんだろうか? 官僚得意の設計主義ですね。でも、法的に義務付けられていますし、労働基準監督署にも届出義務があります。   期限は11月末までですよ。ストレスチェックの実施がではなく、労基への報告がです。   実施者は決まっていますか?実務従事者は?会社の方針や計画は?   次回からひとつずつ見て行きましょうね。まったく國が企業のリスクになるなんて。人間を弱くしてしまう施策ばかりです。...

訓令と組織

2016年06月09日

代表の宝徳です。本日私の個人ブログに面白い記事を書きましたので、紹介しておきます(現代用語に置き直して:笑)。     昨日、倉山満氏の本を読んでいました。面白いことが書いてあったので紹介しておきます。   なぜ、政治や外交や大本営參謀が愚かだつたのに、帝國陸海軍が強かったかも理解できます。そして、現在、三菱自動車やシャープや東芝になぜ、あのうような不祥事が起こるかも。さらに、企業の組織づくりに必要な考え方は何かも。   私の考へ方の整理をしておきます。     「号令」と「命令」と「訓令」について書いてありました。   組織には、指示をする人(発令者)とされる人(受令者)がゐます。 ...

生産性向上設備投資減税

2016年06月07日

代表の宝徳です。     経済産業省肝いりのこの施策は我が國経済を活性化させる一つです。消費税増税によって、消費が減退していますが、阿部内閣に様々な施策により、投資は上向いています。消費に回るのにもう少し時間がかかりそうですね。     生産性向上設備投資減税は、前回まで紹介したA類型と、もうひとつB類型があります。B類型は、ほとんどの設備投資が対象となります。A類型と同様、対象投資額の50%が減価償却費として計上可能となります。建物だけは25%償却となるのですが、これまでこういう政策には建物は含まれませんでしたから、それだけでも画期的な減税策といえます。     このB類型も、事前の承認が必要です...

生産性向上設備投資減税

2016年06月05日

代表の宝徳です。つづけて解説しますね。本日は、A類型の最新設備について。   ①旧モデルと比較して繊細性が年平均1%以上向上していること ②生産性の指標については、「単位時間当たりの生産量」「精度」「エネルギー効率」等です。メーカーの提案を元に、各工業界がその設備の性能を評価する指標として妥当であるかを判断します。 ③あくまでも当該メーカーの再診であって、他のメーカーとの比較は必要ありません。 とにかく、経済産業省は、「この施策を使ってくれ~」という感じです。条件を満たせば使わない手はありません。...

兄弟姉妹の遺留分は?

2016年06月04日

代表の宝徳です。先日、ある方から質問を受けたので忘れないうちに。   子供のいない夫婦の場合、相続人は、配偶者と親になります。親がいないときは、配偶者と兄弟姉妹になります。配偶者が四分の三で、兄弟姉妹はまとめて四分の一です。   ただし、兄弟姉妹には遺留分がないので、もし、遺言書で被相続人が、配偶者に遺産を全部渡すと書いてあると、兄弟姉妹の取り分はありません。 双方が納得していればいいのですが、相続は、それぞれの相続人に配偶者がつきます。そして、その配偶者が「とって来い」といふケースが多いのです。なぜなら、次に受け取れるのは自分になるからです。遺言書がないと、兄弟姉妹が多いケースになると、遺産分割協議書に、捺印をもらうのが大変ですし、兄弟姉妹が遠い土地で暮らして...

生産性向上設備投資減税

2016年06月04日

代表の宝徳です。   生産性向上設備投資減税は、事前に、経済産業局からの承認を受けていることが必要です。それがないと、確定申告時に減税措置を受けることができません。   この政策は、産業競走録活性化法と租税特別措置法が合体したものです。   A類型は、最新設備であることを各業種の工業会から証明を受ける必要があります。最新設備を購入する時は、それが生産性向上に結び付く最新の機械であることををメーカーを通じて工業会から証明を取得してもらったください。   機械を購入する前に証明をもらう必要があります。近畿経済産業局では、申請を受け付けてから、2週間で承認が降りるそうです。どちらにしても早目の申請をお願いします。  ...

生産性向上設備投資減税

2016年05月31日

書くと約束しておきながら。すみません。これからは頻繁に書きます。代表の宝徳です。今年の國の施策としてNO.1なのは、間違いなく「生産性向上設備投資減税」でしょう。   これは、かなり対象となる投資物件において、基本的に投資額の50%が償却できるというものです。もちろん、一定の条件を満たす必要はありますが。   A類型とB類型に分かれます。   A類型は、最先端設備の導入です。この減税制度は、「知っていなければ損!」という情報がたくさんあります。例えば、最先端設備とは何をさすかなどです。   そういうものをこのブログで紹介して行きます。うまく活用すれば税コストの低減につながり、資金を内部に留保することが可能です。ぜひ、ご活用く...

労働時間

2016年03月25日

代表の宝徳です。ブログを書く間隔があいてしまってすみません。個人ブログのように頻繁に書きますね。   昨日の日経新聞に大変な記事が載っていました。                       月80時間以上の労働はだめだそうです。笑いますね。労働法規は天下の悪法です。これは、「働く」ということが「悪」という欧米の考え方から来ています。私は、サラリーマン時代の19年間、1円も残業手当をもらったことがありません。ほしいと思ったこともありません。残業手当をもらうと、仕事が「会社の仕事」になってしまいます。私は...

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

copyright keieisenryakushitsu all right reserved.