ホーム > お役立ち情報
お役立ち情報

お役立ち情報

マインドフルネス

2018年01月02日

 さて、みなさんに大嫌いな人間がいるとします。あなたにはどんな発言が多いですか? 「あいつは、全然人の言うことを聞かない」「あいつは、組織の中で協調性がない」などですか?  主語が他人になっていますよね? これは、ミスマインドフルネス(こんな専門用語はありまえんが)です。つまり自分の立ち位置がまったくわかっていない人の表現です。この状態で、「あいつ」を何とかしようとして、対策を講じると失敗を積み重ね、よけいに状況を悪化させてしまいます。マインドフルネス(立ち位置を知る)に対して、具体策を講じることをパーソナル・エンパワーメントと言いますが、正しいマインドフルネスに基づかないパーソナル・エンパワーメントはすべて失敗します。  なぜなら、主語が他人の表現は、すべて抽象的で、すべて嘘だからです。抽象的で嘘...

ブロックチェーン

2018年01月02日

 私も以前騙されましたが、各国の中央銀行はユダヤ人に支配されているというユダヤ陰謀説がまことしやかにながれています。そういうことには騙されないでください。  ということを前提に、お金の話を進めていきます。  現代は、お金は、国家が管理する中央銀行が刷っています(日本の場合は、日銀ですが、日銀法により国家が管理するというか、独裁権力になっています。それをうまく利用して日本をデフレに叩き込んだのが福井・速水・白川の日銀総裁でした)。 ただ、国家が管理する中央銀行がお金を刷って、国の経済をコントロールするようになったのは、たかだか300年ぐらいの歴史しかありません。きちんと機能し始めたのはたった100年程度です。でも、ここが怖いところです。  例えば、江戸時代は、268年つづきました。江戸時...

ゲーム理論

2018年01月02日

 昨日の回答はまた、学習を進んて行く上で。ヒントは個別撃破です。ゲーム理論とは、素人表現を恐れずに言うと人間の疑心暗鬼をよく読んで動くということです。実際のビジネス現場でも、仕事の手順を考える以上に重要なことに、人の心の動きによって対応を考える「神経戦プログラム」があります。相続や承継等はとくにそうです。    そして、相手の疑心暗鬼を引き出すなかで3つの嘘というものがあります。 ①誰でもつく嘘 ②見え透いた嘘 ③統計の嘘 です。  私たちは統計による嘘にとことんひっかかります。特に、世論調査などはそうですね。なんとなく嘘だろうなあ、と思いながら、選挙なんかではよくひっかかる。それで民主党が整形を取るとか、青島幸雄が横山ノックが知事になるとか、びっくりするような結果を作ってしま...

量子力学って何?

2018年01月02日

 昨日書いたことを考えてみると単純なんですよね。結局「量子とは最小単位である」です。と思います。だから「光量子」といったら「光の最小単位」、エネルギー量子といったら「エネルギーの最小単位」です。  だから量子という物体はないし、量子は、物理量を区別するための「基準」なんでしょう。極めて小さな基準。  「地球とリンゴの大きさの比は、リンゴとそのリンゴの中にある原子の大きさの比とほぼ等しくなる」と言われています。だから、原子はとてつもなく小さい。でも、量子の世界では、その原子が最大の大きさなんですって。  つまり、量子力学とは、とてつもなく小さな世界で働く力学と考えられるのでしょう。  ちなみに、目に見える世界をマクロの世界というそうですが、その世界を支配する力学は、かつて、単に力学と呼ばれ...

RUBY

2018年01月02日

 オブジェクトの理解をもう少し深めましょう。IT関連の人間と話をすると、自分はわかっているので、キーワードをバシバシ連発しながら早口で説明しますよね。あれには閉口します(笑)。そして、「こんなことも知らないの?」という顔をされます。私は、ど素人なので、何回も何回もかけて、ゆっくりですが、ど素人の自分がわかるようにしていきます。  なんでも、オブジェクト指向を理解するために、まずプログラミングの流れを押さえておく必要があるそうです。プログラムを書く流れは、以下の3ステップです。 1.コンピュータに行わせたいことを理解する(要件定義) 2.理解したことを説明できるレベルまで整理する(設計) 3.コンピュータにわかる言葉へ翻訳する(コーディング)  要件定義→設計→コーティングですね。なるほどな...

失われたバンカー

2018年01月02日

 前回、私が就職の時に、住友銀行も視野に入れたという話をしました。縁がなくお世話になることはできませんでした。しかし、曲がりなりにも就職ということでしたので、住友銀行のことは(当時の)研究しました。  当時、住友銀行にはRMチーム(若手のチームはJr.RM)というものがありました。「リレーションシップ・マネジメント」です。    金融機関にはたくさんの融資先はじめビジネス上関係する企業があります。付き合っている企業の関連会社などもあるでしょう。それた企業には、当然のごとく「ウォンツ」「ニーズ」「ハート」があります。また、ビジネスリンクなどを作ったら、お互いに使っている製品の相互融通などもできます(消耗品など)。クライアント間でそれらを結び付けようとする試みがRMです。  当然新規融資...

任務分析

2018年01月01日

 「敵が強かったから敗けました」「苦手な雨天だったので敗けました」。軍隊がこの発言をしたらどうでしょう?國は蹂躙され、男は連れ去られ、女は犯され、財産は略奪されしてしまうでしょう。  でも、企業経営では許されてしまいます。「雨が降ったから売上が上がりませんでした」「強い競合が進出してきたから売り上げが下がりました」。  リーダーの使命とは、「いかなる状況下でも部隊を勝利に導くこと」です。  そして、軍隊では敗けることは下手をすると死を意味します。では、部下の一番の望みは? 「戦争や戦闘になっても、死ぬ確率が一番低いリーダーの部隊に入りたい」です。  我が國では、軍=悪という誤った概念がはびこっています。本当にそうでしょうか? 上記の例を見ても軍隊の方が正解ですよね?  では、彼らは...

トヨタの1枚

2018年01月01日

 かつて働いていた出光興産㈱は、恐らく週休二日制が取り入れられるのが、俗にいう大企業で、最も遅かった会社のひとつではないでしょうか? 確か、私が本差勤務になった平成元年の秋か次の年の平成2年の秋だったと思います。  かっての出光興産㈱社員は、別にそれが嫌だとか思っていませんでしたし、残業手当も、もらったことがなかったので、何んとも思っていませんでした。それに、今叫ばれている働き方改革とか、残業に対する考え方とかの概念がかなり(というか180度)違っていました。少なくとも私は「会社から、上司から働かされている」という気持ちに陥ったことなど出光19年間の人生の中で一度もありませんでした。たとえ、女子からの指示があった仕事であっても「その仕事を自分の仕事に転換する」ことができないと、仕事が作業になってしまいます...

マインドフルネス

2018年01月01日

 論理療法という心理学があります。論理療法で中心となる言葉が「マインドフルネス」と「パーソナル・エンパワーメント」です(断っておきますが、私は心理学の専門家ではありません。聞きかじりです。もっとも、いまやろうとしていることの出発点はすべてここにありますが(笑))。  「マインドフルネス」とは自分の立ち位置を知ることです。ほとんどの人間が、自分の立ち位置を知りません。立ち位置を知らないまま、何かを改善しようとします。そして、続かない・改善できないという当然の状況を迎えます。言います「この改善策は難しすぎる」「現場に即していない」・・・・。さらに新たな手法を探すという永遠の旅に出ます。  マインドフルネス・・・・・。みたくないんです。私もあなたも、彼も彼女も。本当自分の姿を。ほとんどの人が、自分の本...

ブロックチェーン

2018年01月01日

 先日、ある後輩と会ったときに、「先生、世界の金融はユダヤが支配しているんです。あの、ロシア革命だった、中国共産党とつくったのだって、ユダヤ人なんです。アメリカを支配しているのもユダヤ人なんです。だってロックフェラーはユダヤ人ですから」と話をしてくれました。  ちょっと苦笑。「ああ、数年前のほんの一時期、私も、同じ過ちに落ちていたなあ」。  ブロックチェーンの話をするときになぜ、お金から入るか。はいらないといけないし、入ると訳が分からなくなることを理解する必要があります。  「はっ?」と思いますよね。ブロックチェーンをこれから、学習するときに、一番邪魔になるのが、今の常識です。特に今の金融情勢に詳しい人は頭が混乱するでしょう。だからこそ、知らなければならないんです。お金のことを。 ...

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

copyright keieisenryakushitsu all right reserved.