ホーム > お役立ち情報 > 業界研究1 訪問看護6
業界研究1 訪問看護6

コンサルタント実績

業界研究1 訪問看護6

2019年01月06日

訪問看護の目的

訪問看護とは、「対象者が在宅で主体性をもって健康の自己管理と必要な資源を自ら活用し、生活の質を高めることができるようになることを目指し、訪問看護従事者は、健康を阻害する因子を日常生活の中から見出し、健康の保持、増進、回復を図り、あるいは疾病や障害による影響を最小限にとどめる。また、安らかな終末を過ごすことができるように支援する。そのために、具体的な看護を提供し健康や療養生活の相談にも応じ、必要な資源の導入・調整を図る(日本看護協会訪問看護検討委員会 1990年)」と定義づけていて、生活の質など重要なキーワードが入っています。

 

これからは「住宅」の概念が変わり、自宅と自宅以外の居住系施設も含む「住まい」が訪問看護の提供の場となります。

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

copyright keieisenryakushitsu all right reserved.