ホーム > お役立ち情報 > 業界研究1 訪問看護
業界研究1 訪問看護

コンサルタント実績

業界研究1 訪問看護

2018年12月29日

この記事は「訪問看護ステーション 開設・運営・評価マニュアル 第3版 日本訪問看護財団」を参考にしています。私の勉強のための記事です。

 

昭和62年(1987年)に当時の厚生省が発表した「国民医療総合対策本部の中間報告」において在宅医療の推進が明記されたこともあって、訪問看護を専門に行う事務所を創設するためにモデル事業が4年間行われました。その結果、平成3年(1991年)の老人保健法の一部改正によって、平成4年(1992年)4月から老人訪問看護制度が誕生しました。我が國で初めて訪問看護サービス専門に行う事業所が誕生しました。その事業所を「老人訪問看護ステーション」と言いました。

 

訪問看護は「その利用者の居宅で行う療養上の世話又は必要な診療の補助」を行う事業で、保健師や看護しが管理者(所長)となって運営・経営を行うものです。新しい看護の形態であり、診療報酬の中に看護報酬(訪問看護療養費)が創設されました。

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

copyright keieisenryakushitsu all right reserved.