ホーム > スタッフブログ > 自分に取り組む
自分に取り組む

コンサルタント実績

自分に取り組む

2016年07月17日

代表の宝徳です。今日は、違った切り口で。今日の私の個人ブログにも書きましたが、あちらは繁体字と歴史的仮名遣いなので、こちらは現代語で。

 

以前、大阪府中小企業診断協会の要請で、資格を取り立ての若い診断士さんたちに話す機会がありました。独立支援セミナーという名前でした。圧倒的に多かったのが「どうやったら仕事が取れるのですか」という質問でした。

 

仕事は、いくらでもあるのです。「仕事がどうやったら取れるか」ではなく「数ある仕事がなぜ自分のところにこないのか」といふ表現が適切です。マインドフ ルネスですね。「私は、今、仕事を取る力がない」と立ち位置をしつかりと見つめることが大切です(マインドフルネスは近々、シリーズで書きます)。

私のブログの記事を読んで、「ノウハウや手法が嫌いなのかなあ」と考える読者の方もいらっしゃると思います。そうではありません。ノウハウや手法は絶対に強力に必要です。でも、それはとして。

主は、「仕事の成功とは、自分がそれにふさわしい人間になることで引き寄せるもの」と言いたいだけです。

何のことだと思われるかもしれません。

「仕事に取り組んでいる人」はたくさんゐるのですが、「自分に取り組んでいる人」が少ないと言いたいのです。業績は絶対に大切です。そうでないと、企業も社員も飯を食っていけません。ノウハウや手法も絶対に必要です。強力に。でも、それを運用する人間は誰で、その人は、人に受け入れられる人間なのかといふこ とです。

「私は、今、今の二倍、三倍、四倍、五倍の収入に値する人間だろうか」と自問自答してみてください。「いや~、それはないだろう」と思うでしょう。

そう思ったら、自分に取り組むしかないのです(仕事に取り組むのは当たり前のこと)。自分の態度や性格、言葉の改善、スキルの習得に取り組むことです。手紙を書く、本を読む、ルーティンをする。そうすれば、よい仕事や人々を引き寄せ、經濟的にも自立していくでしょう。

企業においても、もちろん、仕事に取り組んでもらうのは当たり前ですが、社員が自発的に、自分に取り組んでいく環境整備が必要です。人事考課をいくらやっても、この発想がないと、人事考課はただの「査定」になつてしまい、「給料が髙い低い」といふ些末な意見が出てきてしまいます。

我が國が、なぜ世界で唯一歴史が神話の時代から、連続・継続したか。それは、天皇陛下を中心とした家族主義で、それぞれが一隅を照らす使命を果たすという「自分への取り組み」をしてきたからです。

なんて、偉さうなことを書きました。今上天皇陛下の今回の動かれかたは、天皇家というお家の事情を切り口に、臣民に「本来の我が國に戻ろうよ」と仰っていることに、臣民が気づく必要があります。

私は、今、近年になく、活性化しています。それに自分自身が、気づいています。

ノウハウや手法をさらに企業の皆さんと活かすために、そして、中小企業の業績改善のために、私自身が、誰よりも何よりも「自分に取り組む」こととします。

日本人に生まれてよかつた。

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

copyright keieisenryakushitsu all right reserved.